何でも書き込むよ


by vivaafro260
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画( 24 )

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が初監督を務めた映画『大日本人』(6月2日公開)が現地時間19日、第60回カンヌ国際映画祭の「監督週間」部門でワールドプレミア上映され、今まで秘められていた全ぼうが明らかになった。

 タイトルの『大日本人』とはズバリ、高圧電流を浴びて巨大化し、しばし出没するユニークな“獣”たちと戦う男たちのことを指す。松本演じる「大佐藤家」は先祖6代に渡って獣たちと戦ってきたが、時代の流れと共に今やこの家業を営んでいるのは一人。世間からも「有り難迷惑」と罵られ、もはやヒーローとしての地位は凋落の一途をたどっているところに、さらなる困難が訪れるストーリー。

 松本監督ならではの笑いの中に、世襲問題や生き物を粗末にする若者たちへのメッセージ、さらには、国際社会をもゆるがす(?)社会問題にも触れているという、怪獣映画の衣をまとった奥の深い内容となっている。

 上映前に舞台あいさつに立った松本監督は「日本で有名なスターの松本人志です」と、まずは笑いを一発。

 続いて「皆さんは映画を見慣れた方だと思いますが、これは今までに見たことのない、一生忘れられない映画だと思います。きっと新しいフランスの大統領も気に入ってくれるでしょう」と、早速、就任したばかりのサルコジ新大統領をネタにするリップサービスも。

 ところが、若い人たちが多かった観客たちは、反サルコジ派が多かったようで、会場から一声に「ブー!」の声が。思わぬところでブーイングを浴びた松本監督だったが、上映後にはその観客たちから温かい拍手を浴びていた。

『大日本人』は6月2日より全国松竹系にて公開
オフィシャルサイト
http://www.dainipponjin.com/index.htm
d0087716_2021864.jpg

[PR]
by vivaafro260 | 2007-05-20 20:01 | 映画
 【カンヌ(フランス)19日】第60回カンヌ国際映画祭の特別招待作品「シッコ」(8月公開)のマイケル・ムーア監督(53)が19日、当地で記者会見し、作品が没収される危機にあり、最悪の場合、自身が投獄される可能性もあると説明した。

 同監督は、銃社会・米国の矛盾を描いた「ボウリング・フォー・コロンバイン」(2002年)で同映画祭特別賞、ブッシュ政権を批判した「華氏911」(2004年)では最高賞パルムドールを受賞。新作では米国民を悩ませる医療問題を取り上げており、この日のプレス上映が世界初お披露目となった。

 撮影のためキューバにも訪れたが、政府当局の許可なしの渡航だったとして、財務局から捜査を受けている。同監督は、渡航中に撮影した映像が使用された場合、作品を没収すると通達されていることを明かした上で、「最悪、投獄の可能性もある」と説明。「政府は僕がキューバに行くらしいと、去年10月ごろから知っていた。カンヌの寸前に問題にするなんておかしいよ。もちろん。密入国ではない」と憤りを隠さなかった。
d0087716_15562231.jpg

[PR]
by vivaafro260 | 2007-05-20 15:55 | 映画
 台湾出身の俳優・金城武(33)が10日、中国・北京で日中韓台4カ国が製作にかかわる映画「RED CLIFF」二部作(邦題未定。第1部08年、第2部09年公開予定。ジョン・ウー監督)の製作発表に出席した。

 同作は、アジア映画史上最大の90億円をかけ、「三国志」の“赤壁の戦い”を描いた歴史的超大作。天才軍師・諸葛孔明を演じる金城は、「小さいころから“三国志”の漫画を読み、ゲームをやって、伝記を読んできた。有名すぎる孔明をどう演じるか、監督と話し合って作っていきたい」と歴史上の英雄役に意欲を燃やした。

製作発表に出席した(左から)トニー・レオン、ジョン・ウー監督、金城武=中国・北京
d0087716_038564.jpg


http://www.daily.co.jp/gossip/2007/05/10/0000331179.shtml
三国志いい!!!(`ハ´)
[PR]
by vivaafro260 | 2007-05-12 00:38 | 映画
ヤンマガで連載中のエリートヤンキー三郎がドラマ化するらしいよ。
この話を聞いたとき三郎役はえなりかずきかと思ったけど違うみたい(´・ω・`)ショボーン
d0087716_227415.jpg


http://www.tv-tokyo.co.jp/saburo/
[PR]
by vivaafro260 | 2007-04-05 23:27 | 映画
チェック:1987年に週刊少年ジャンプで連載開始以来、熱狂的なファンを生み出し続けている荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」の第1部「ファントムブラッド」を劇場アニメ化。シリーズを通して対決を重ねる“波紋”の力を持つ紳士ジョナサン・ジョースターと、“石仮面”の力で吸血鬼と化した闇の帝王ディオ・ブランドーの終わりなき闘いの原点に焦点を当てる。原作で人気のち密なデザインや特異なポージング、独特のセリフ回しにも注目だ。

ストーリー:19世紀末のイギリス、貴族のジョースター卿は命の恩人であるディオ・ブランドーを養子として迎え入れ、惜しみない援助を与える。しかし、激しい上昇志向をもつディオは卿のひとり息子ジョナサン・ジョースターを押しのけ、ジョースター家の乗っ取りを画策。その陰謀を察知したジョナサンは、ディオの野望を阻止しようとする。
d0087716_14188.jpg

(C) 2007 荒木飛呂彦/集英社・JOJOファントム ブラッド製作委員会

第一部か、何か微妙だな・・・しかもアニメーション制作APPPだって・・・もっと微妙(´(・)`)

公式ホームページ:http://jojo-movie.com/
[PR]
by vivaafro260 | 2007-02-12 23:03 | 映画

THE 有頂天ホテル

恒例のカウントダウンパーティーを2時間後に控えたホテル・アバンティ。申し分のない副支配人新堂は、アシスタント・マネージャーの矢部と共に、ホテル内で起る様々なトラブルを無難に解決していった。しかし、パーティーに出演する芸人の所から、腹話術用のアヒル・ダブダブが逃げ出したところから、何か歯車が狂いはじめる。そして突如現れた昔の妻を前に、つい言ってしまった嘘によって、新堂もトラブルに巻き込まれて行くのだった。

愛人に会いに来た富豪、汚職事件でマスコミから逃げてきた悪徳代議士、逃げたアヒル、ホテル内で迷子になった総支配人、夢破れたベルボーイ、死にたがる大物演歌歌手など、複雑に絡み合うトラブルの嵐あらしアラシ。

果たして、無事カウントダウンパーティーは開催できるのだろうか。
d0087716_1261224.jpg

面白かった!!松たかこがやたら可愛かった(*´д`*)ハァハァ
キャストもやたら豪華でびっくりした。
[PR]
by vivaafro260 | 2007-02-10 21:28 | 映画

タイムマイン Clockstoppers

今のところ、平凡な高校生ザックの野望は自分の自動車を手に入れること。しかし、父親の発明したおかしな腕時計をしてみたら、彼の周りの世界が何かおかしい…・。すべてが止まって感じるのは気のせいか?実はその時計は物体の移動を25倍も早くする“分子加速装置”だった。ちょっとしたイタズラのつもりでやりたい放題のザック。だが、やがて武器製造会社の魔の手が伸びた時、ザックは世界を救うために戦う羽目になるのだった!!
d0087716_071139.jpg

監督 ジョナサン・フレイクス
出演もしくは声の出演 ジェシー・ブラッドフォード 、フレンチ・スチュワート 、ポーラ・ガーセス 、マイケル・ビーン 、ロビン・トーマス 、ジュリア・スウィーニー

何の情報もなく見たけど結構面白かった!やっぱタイムマシン系の映画は好きだな~。
[PR]
by vivaafro260 | 2007-02-08 23:46 | 映画

長州ファイブ

幕末期に命がけでロンドンに渡った長州藩の志士たちのチャレンジを描いた歴史ロマン。サムライの身分を捨て、自身を精密機械のように鍛練し、“生きたる機械”となって日本を変えるために奔走した男たちの青春を壮大なスケールで見せる。後に“日本工学の父”と呼ばれる山尾を『46億年の恋』の松田龍平が熱演。人間描写が得意な『アダン』の五十嵐匠監督は情熱の赴くままに生きた男たちの姿をスクリーンいっぱいに映し出す。

ストーリー:1863年、山尾庸三(松田龍平)、井上勝(山下徹大)、伊藤博文(三浦アキフミ)、井上肇(北村有起哉)、遠藤謹助(前田倫良)は幕府の禁を犯して英国へと旅立つ。ロンドンに到着した彼らは、その繁栄ぶりに息をのむ。5人はロンドン大学で造幣、造船、鉄道などの高い技術を日本に持ち帰るために死に物狂いで勉学に励んだ
d0087716_22277.jpg

( ´・∀・`)へー、おもしろそう!来週からか、見に行きたいなぁ

公式サイト:
http://www.chosyufive-movie.com/
[PR]
by vivaafro260 | 2007-02-02 22:14 | 映画
【ロサンゼルス12日】映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られるハリウッドの俳優ジョニー・デップが、昨年ロンドンで起きた元ロシア情報機関幹部リトビネンコ氏の殺害事件を題材にした映画をプロデュースすることになった。
 バラエティーの報道によると、米映画会社ワーナー・ブラザースは既に、デップの制作会社のため、リトビネンコ氏殺害事件に関する本を題材とする権利を取得した。
 この本は米紙ニューヨーク・タイムズの記者が執筆した。映画はデップ自身が主役を務める可能性があるという。
 プーチン政権を批判していたリトビネンコ氏は昨年11月、放射性物質の汚染で死亡した。英国とロシアの当局が捜査を続けている。
d0087716_0371428.jpg

ジョニー・デップが映画化へ=ロシアの元スパイ殺害事件(時事通信)

アレクサンドル・リトビネンコ
[PR]
by vivaafro260 | 2007-01-13 20:36 | 映画

ショコラ

因習に凝り固まるフランスの小さな村に、不思議な雰囲気を漂わせる女性ヴィアンヌとその幼い娘が現れ、チョコレートの店を開いた。その美味しさに、禁欲を強いられている村人たちは驚き、戸惑いつつも少しずつ心を開いていくのだが…。名匠ラッセ・ハルストレム監督が贈るファンタジックなヒューマンドラマ。

( ;∀;) イイハナシダナー チョコレートたべたくなってきたよ
d0087716_2363365.jpg

デップは作品毎に違う顔をみせてくれるね、ヒッピーの役も(・∀・)カコイイ!!
d0087716_238668.jpg

[PR]
by vivaafro260 | 2007-01-02 23:03 | 映画