何でも書き込むよ


by vivaafro260
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「死んだふりで助かった」=米大学乱射事件で生存の女子学生

4月17日14時0分配信 時事通信
【ワシントン16日時事】米バージニア工科大学の大量射殺事件を生き延びた女子学生は16日、CNNテレビに対し「死んだふりをして助かった」と恐怖の体験を証言した。
 惨劇の舞台となったドイツ語の講義に出席していながら、九死に一生を得たのはエリン・シーハンさん。彼女によると、犯人の男はアジア系の容貌(ようぼう)をしており、革のシャツに弾薬ベルトを巻いていた。ドイツ語の講義中、男はしきりに中の様子をうかがった後、教室に乱入、まず拳銃で教授を射殺し、その後学生を撃ち始めた。乱射中、男は静かに引き金を引いていたという。
 シーハンさんは床に伏し、死んだふりをしていた。男はいったん、立ち去ったが30秒後にまた戻ってきた。シーハンさんら生存者は、ドアを開けられないように中から押さえていたが、男は今度はドア越しに発砲したという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000090-jij-int
d0087716_1959100.jpg


大学乱射犯、32人殺害=過去最悪の事件−自殺の犯人、アジア系か・米バージニア
【ブラックスバーグ(米バージニア州)16日時事】米バージニア州西部の都市ブラックスバーグにあるバージニア工科大学構内で16日朝に起きた銃の乱射事件の犠牲者は、32人に拡大した。記者会見した同大学のスティーガー学長らが明らかにした。犯人の男1人は自殺した。負傷者も15人に上り、高校・大学を含め過去に起きた銃乱射では米史上最悪の事件となった。ブッシュ大統領は「学問の聖域が侵された」と強く非難、捜査を強力に支援する決意を表明した。邦人留学生らは全員無事だった。
 同学長や地元警察首脳によれば、銃乱射は16日午前7時15分(日本時間同日午後8時15分)ごろ、約900人の学生が住む構内の寄宿舎で起き、ここで2人が死亡した。その約2時間半後、今度は約800メートル離れた大学施設の教室に男が侵入、30人を射殺した。警察当局が自殺した男の身元を詳しく調べているが、ABCテレビなどは目撃情報を基に「アジア系の男」と伝えている。中国人留学生だった疑いもあるという。
 スティーガー学長によれば、最初の乱射事件を受け、大学側は学生に電子メールを送って注意を呼び掛けた。しかし、ちょうど通学時間に当たっていたため、最初の事件を知らずに登校した学生も多く、犠牲の拡大につながったとみられる。 

【関連記事】 銃乱射、計画的犯行か
【関連記事】 「第2の発砲」で犠牲拡大=大学・警察の対応に批判も
【関連記事】 携帯映像に27発の銃声=犯人、「教授射撃後に乱射」と学生
[PR]
by vivaafro260 | 2007-04-17 18:58 | ニュース